早期相談、早期施術で、早期予防

高齢化が進むにつれ、腰・ひざなどの関節の痛みに個人差があります。年齢のせいだとしても、同じ年齢でも個人差が大きいのが実情です。
当院としての疑問は、「なぜ年齢がいくほど、個人差の開きがあるのか」ということです。
 ひざの軟骨のすりへり、骨の変形は、年齢のせいではなく、他に原因があるのではないかと。
 当院に来院される、ひざの痛みの患者様でも、整形を受診して軟骨のすりへりを指摘される方が多いです。しかし、中には、正座ができるようになったり、痛みの改善ができる患者様もおられます。
 大事なことは、早期であればあるほど、お役にたてるケースがあるということ。早期に施術すれば、軟骨のすりへりの予防は、可能ではないかと当院は考えています。筋肉の疲労・こりというものは、自覚ができないケースが多々あります。背中から腰、下肢にかけての筋肉のこりは、特に自覚されていない方が大半です。
 ひざの関節の痛みが、臀部から大腿部・下腿の筋肉を施術することで、改善されるケースもあります。本当にお困りの方は、ぜひともご相談ください。

PAGETOP