変形性膝関節症について、当院の考え。

あくまで、私自身の施術経験の中で、現時点、変形性膝関節症に関して考えていることです。

結論から、申しますと、予防が一番の治療ということです。高齢社会になる中で、膝が悪くなる方は、今後も増えていくことでしょう。しかし、年齢のせいではないというのが、私自身の考えです。年齢がいけばいく程、個人差が大きくなります。それを一概に体重のせいにするのもどうかと。

当院の結論は、膝が悪くなる方は、ケガをのぞいてですが、足全体の筋肉にこわばりがある方です。厄介なことは、自分では、気づきにくいということです。さらに、良かれと思い、膝を治すために鍛えることをする方がいます。こわばりがあるときに、鍛えるとかえって悪くなります。おもいあたる方、いらっしゃるのではないでしょうか。

こわばりがあるときは、鍛えるのではなく、ほぐさなければいけません。また、ほぐすには、技術を要します。

施術する圧・ポイント、そして患者様に、適切なアドバイスができるかどうか。骨の変形は、治せませんが、初期であれば、痛み・機能の改善の見込みはあるというのが、私個人の考えです。

PAGETOP