関節疾患、予防の時代へ。

高齢化が進む中、これから肩・腰・膝をはじめ、関節の痛みに悩まされる方が増える時代になります。老化はある程度仕方ありませんが、年齢だから仕方がない、とあきらめるわけにはいきません。健康寿命を伸ばしましょうと言われているように、予防が大切。男女差や、もともとの体質等の差などもありますが、同じ年齢でも個人差がでてきます。一般的には、ウォーキングなど、体を鍛えることが大切といわれます。確かに大切ですが、その前に大切なことがあると、当院は考えています。個人差がでてくる原因を、当院では、筋力の差ではなく、「筋肉のこわばりがあるかないか」だと考えています。実際、当院の患者様の臨床例がそうなのですが、鍛えなくても、筋肉のこわばりを手技でとってあげて、良くなっているケースが多いのです。逆に鍛えて悪くなっている方・こじれている方が多いのが現状です。そして、筋肉のこわばりを自覚できている方が、ほとんどいないのです。自分では、わからないのです。当院の触診検査では、ほとんどの方に筋肉のこわばり【筋肉のしこり】が見受けられます。また、筋肉のほぐし方も、技術が要ります。きちんした施術で筋肉のしこりを取れば、予防は可能です。関節が変形してしまえば、変形は治せません。しかし、当院は、早期に施術すれば、関節の痛み・変形の予防は可能ではないかと考えています。お困りの方は、一度ご相談ください。

 

PAGETOP